メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローマ字表記

「姓-名」に 官公庁対応バラバラ、文科省通知へ

 柴山昌彦文部科学相は21日の閣議後会見で、日本人名のローマ字表記を「姓-名」の順にするよう都道府県などへ近く通知することを明らかにした。河野太郎外相も各国の主要報道機関に「姓-名」の順での表記を要請すると表明した。文化庁の国語審議会が2000年に「『姓-名』の順にすることが望ましい」と答申したが、浸透していないため、20年の東京五輪・パラリンピックを機に定着を図る狙いもあるとみられる。

 国語審議会の答申は「言語や文化の多様性を意識し、生かしていくべきだ」として「姓-名」の順を推奨。こ…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文579文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです