空自のF35A事故から1カ月半 世界初の墜落 「機密の塊」異例の捜索

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
航空自衛隊のF35A=航空自衛隊HPから
航空自衛隊のF35A=航空自衛隊HPから

 航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖で墜落した事故は、行方不明の操縦士や機体の大部分の捜索が続くが、事故原因はいまだ判然としていない。3種類あるF35のうち、A型の墜落事故は世界初。空自は次期主力戦闘機として今後買い増す予定で、F35は米英豪など10カ国以上も調達を進めていただけに、原因究明の行方に世界が注目している。【町田徳丈】

 事故は、空自がF35Aからなる初の部隊「第302飛行隊」を編成したわずか2週間後に起きた。

この記事は有料記事です。

残り1242文字(全文1476文字)

あわせて読みたい

ニュース特集