メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

F35は「政治色の強い機体」解明どこまで 米監査院は966件の問題指摘

 4月9日、航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖で墜落した事故。空自は事故機を含む13機のF35Aを配備済みだ。防衛省は短距離離陸・垂直着陸ができるB型42機を含めて計147機のF35を調達する計画だ。B型は「空母化」予定の海自最大の護衛艦いずも型での運用を計画している。岩屋毅防衛相は事故後、「これまでの方針を変更するに足る具体的な情報は無く、計画を変更する考えはない」と述べた。しかし、機体の根本的な不具合が事故原因に関係していたなら、今後の調達への影響は避けられない。

 事故機は三菱重工業が最終組み立てをした初号機だった。防衛産業の技術維持のため30機を国内で組み立て…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文986文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  3. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  4. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです