F35は「政治色の強い機体」解明どこまで 米監査院は966件の問題指摘

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 4月9日、航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖で墜落した事故。空自は事故機を含む13機のF35Aを配備済みだ。防衛省は短距離離陸・垂直着陸ができるB型42機を含めて計147機のF35を調達する計画だ。B型は「空母化」予定の海自最大の護衛艦いずも型での運用を計画している。岩屋毅防衛相は事故後、「これまでの方針を変更するに足る具体的な情報は無く、計画を変更する考えはない」と述べた。しかし、機体の根本的な不具合が事故原因に関係していたなら、今後の調達への影響は避けられない。

 事故機は三菱重工業が最終組み立てをした初号機だった。防衛産業の技術維持のため30機を国内で組み立てる。防衛省は、完成した初号機は米側も関与して厳重に点検したと強調。2017年6月と18年8月に冷却系統などの不具合で緊急着陸したが、その後部品を交換し、異常がないことを確認していたという。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文986文字)

あわせて読みたい

注目の特集