メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米貿易交渉、事務レベル協議 関税削減・撤廃で双方の主張を確認

トランプ米大統領=AP

 【ワシントン中井正裕】日米両政府は21日、日米貿易交渉の事務レベル協議をワシントンで開いた。農産物や自動車などの関税削減・撤廃を巡り、双方の主張を確認。日本側の交渉担当者は「かなり主張に開きがあるが、お互いの立ち位置が分かったことは有意義だった」と述べた。

 4月に始まった日米貿易交渉では、米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の発効で日本への農産物輸出が不利になった米側が日本に対…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです