連載

麗しの島から

台湾や香港の幅広い話題を現場からお伝えします。

連載一覧

麗しの島から

法案審議でもめる本会議場に運び込まれたものは…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
本会議場で討論・採決の最中に弁当を食べる台湾の立法委員(国会議員)たち。奥の女性議員はスマホで調べものをしている=台北市の立法院(国会)で2019年5月17日12時15分、福岡静哉撮影
本会議場で討論・採決の最中に弁当を食べる台湾の立法委員(国会議員)たち。奥の女性議員はスマホで調べものをしている=台北市の立法院(国会)で2019年5月17日12時15分、福岡静哉撮影

 台湾の立法院(国会)で17日、同性婚を認める特別法案の採決があった。同性婚法案を巡っては賛成派と反対派が激しく対立しており、乱闘騒ぎなど不測の事態に備えて、私は朝から本会議場に陣取った。

 午前9時に本会議が始まり、まずは他の法案に関する審議を進めた。同性婚法案の議論が始まったのは午前10時半ごろ。「同性愛者にも婚姻の権利が認められるべきだ」「結婚は男女間に限らなければならない」。賛成派と反対派が次々と壇上に立ち、持論を展開する。ここで蘇嘉全・立法院長(国会議長)が「逐条審議にします」と提案。議員の同意を得て、全27条を1条ずつ討論、採決することになった。対立が激しい法案について十分に議論を尽くすために取られる手法だ。

 正午過ぎ、蘇院長が「本日は昼休憩なしで議論を続けます」と宣言した。すると、立法院の職員が議場に入り、各座席に次々と弁当を配り始めた。議員らはその場で弁当のふたを開け、もぐもぐと食べ始めた。壇上では、反対派の議員がこめかみに血管を浮かばせながら「同性婚は認めるべきではない」と叫び続けている。さらにスープまで運び込まれた。私がいる記者席にまで弁当やスープのにおいが漂ってくる。早朝から取材していたため…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文904文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集