メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱巡る2回目の国民投票 メイ英首相、下院で採決方針

英国のメイ首相=ロンドンで2019年5月21日、AP

 【ロンドン服部正法】英国のメイ首相は21日午後(日本時間22日未明)、欧州連合(EU)からの離脱を巡る混乱収拾のため、離脱法案を英下院が可決した場合は、離脱を巡る再度の国民投票を行うか否かを下院で採決する意向を明らかにした。2回目の国民投票実施を求める声が多い最大野党・労働党に譲歩した形だが、労働党のコービン党首は直後にメイ氏の提案に対し不支持を明言。与党・保守党の離脱強硬派からも反発の声が上がっており、6月上旬にも予定される離脱法案採決で可決は困難な情勢だ。

 メイ氏はまた、部分的で一時的な関税同盟残留を容認する意向も示した。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  3. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです