メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祖国なき金メダリスト・孫基禎さん「うつむき」乗り越え駆けた90年 五輪迫る今こそ

1936年ベルリン五輪で孫基禎さんが、当時の五輪記録となる2時間29分19秒で優勝のフィニッシュテープを切った=ドイツ・ベルリンで1936年8月9日撮影

 日本植民地時代の朝鮮に生まれ育ち「日本代表」として1936年ベルリン五輪に出場、マラソンで金メダルを獲得した故孫基禎(ソン・キジョン)さんの評伝を寺島善一・明治大名誉教授(73)が4月に出版した。「祖国なきランナー」として苦難の道を歩みながら、スポーツを通じた平和を願った孫さんの生き様を伝えたい。2020年東京五輪を前に、そして日韓関係が冷え込む今だからこそ――。【大島祥平】

 タイトルは「評伝 孫基禎」(社会評論社)。寺島教授は生前の孫さんと親交があり、本人に聞いた言葉など…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1091文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです