メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御堂筋暴走、差し戻し審で有罪判決 大阪地裁 差し戻し前と同じ

大阪地方裁判所

 大阪市の御堂筋で2014年、低血糖症による意識障害に陥った状態でワゴン車を運転して3人に重軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の罪に問われた会社員、宮谷則幸被告(70)の差し戻し審判決で、大阪地裁は22日、禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年6月)を言い渡した。野口卓志裁判長は「運転前から低血糖を起こす自覚があった」と判断した。

 糖尿病の被告が、意識障害を起こす可能性を予測できたかが争点だった。検察側は、血糖値を下げるインスリンを事故前に注射したとして「低血糖を認識しながら運転した」と主張。弁護側は注射を否定し、「低血糖の前兆もなかった」と無罪を主張していた。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです