メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護施設の虐待増加、17年度510件 背景に職員不足やストレスも

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 介護職員による高齢者への虐待は年々増加している。厚生労働省の調査によると、2017年度は510件あり、過去最多を更新した。専門家は背景について「高齢化による施設増加のほか、職員の人材不足やストレスも原因だろう」と分析している。

 複数の被害者がいる事例があり、17年度の職員による被害者は854人に上る。うち約8割が認知症だった。暴力や拘束などの身体的な虐待のほか、介護放棄、威嚇的発言などがある。虐待の要因(複数回答可)は「教育・知識・技術の…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです