メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「面白すぎるロボット工学教科書」が話題 失敗するペンギンロボをコミカルに描写

壁に激突するホイールダック2号のイラスト=(C)木野仁、谷口忠大、峰岸桃、講談社

 親しみやすいイラストと物語でロボット工学の基礎を解説する入門書「イラストで学ぶ ロボット工学」(講談社)が「面白すぎる教科書」と話題を集めている。出版から1年半が経過した今もネット上で学生らの反響が続く。著者の一人、福岡工業大(福岡市東区)の木野仁教授(48)は「この本をきっかけに、多くの若者にロボット工学を志してほしい」と期待している。

 開発中のペンギン型ロボット「ホイールダック2号」が、家庭用サービスをこなせるようになるため、さまざ…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文790文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです