メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2、降下中止の原因は異常な高度計測 30日に再度実施へ

はやぶさ2の今後について説明する津田雄一・プロジェクトマネジャー=東京都千代田区で2019年5月22日、永山悦子撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、小惑星リュウグウの表面観測を目指していた探査機「はやぶさ2」が16日に降下を途中で中止した原因について、高度を計測する装置が異常な高度を示したためだったと発表した。装置を調整し、改めて30日に観測のために低高度へ降下し、着陸時の目印となる「ターゲットマーカー」の投下を実施するという。

 はやぶさ2は4月、衝突装置によって計画通りにリュウグウの表面に人工クレーターを作ることに成功した。…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです