メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危機から守る 栃木・市貝町で初の「国際サシバサミット」開催へ

絶滅の危険がある渡り鳥「サシバ」=オオタカ保護基金提供

 絶滅の危険がある渡り鳥・サシバを守るための「国際サシバサミット」が、国内有数の繁殖地である栃木県市貝町で25、26の両日、初めて開催される。繁殖地、越冬地、移動する際の中継地で保護に取り組む人たちが集まり、国境を越えた対策を話し合う。同町でサシバが暮らせる里山作りに取り組む日本野鳥の会理事長、遠藤孝一さん(60)は「保護を進める大きな一歩」と期待している。

 サシバはタカの仲間の猛禽(もうきん)類で、体長は約50センチ、翼を広げると1メートルほどになる。春に日本や中国で繁殖し、冬が近づくと沖縄や台湾などを経由して東南アジアで越冬する。近年は都市開発や森林の減少などで生息環境が変化し、2006年に国のレッドリストで絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)に指定された。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです