トランプ大統領来日、警備に頭悩ませる警視庁 ドローンだけでなく「座布団対策」も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ米大統領の来日に備えて東京メトロ大手町駅を巡回し、ゴミ箱の中身を確認する駅員=東京都千代田区で2019年5月22日午後2時56分、宮間俊樹撮影
トランプ米大統領の来日に備えて東京メトロ大手町駅を巡回し、ゴミ箱の中身を確認する駅員=東京都千代田区で2019年5月22日午後2時56分、宮間俊樹撮影

 25~28日のトランプ米大統領来日に伴い、警視庁が東京都内の警戒を強化している。令和初の国賓でもあり、警備態勢は1年半前の前回来日時と同様、最大規模になる見通し。大相撲観戦での警備など難しい対応も求められているが、警視庁は万全の態勢でのぞむ。交通規制など市民生活にも影響が出そうだ。

 警視庁が最も頭を悩ませるのは、26日の大相撲観戦の警護だ。両国国技館は2階に貴賓席があるが、トランプ氏が優勝力士を表彰することもあり、土俵近くの升席での観戦が予定されている。国技館はすり鉢状のため、底辺部に位置する升席の場合、前後左右だけでなく上方への警戒も必要となり警備上のリスクが増す。

 升席の購入者には氏名などの申告が求められているほか、「砂かぶり」と呼ばれる土俵間近の席は一部販売が止められている。26日は千秋楽のため、優勝決定の際などは客席から座布団が飛び交う事態も予想される。警視庁はトランプ氏らに当たることがないよう警護官(SP)らを配置し、警戒させる。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文1023文字)

あわせて読みたい

注目の特集