メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

「県民の信頼を裏切る行為をした」として謝罪する新潟県教育委員会高等学校教育課の藤井人志課長(右から2人目)ら=新潟市中央区で2019年5月22日午後4時28分、井口彩撮影

 新潟県教育委員会は22日、下越地方の高校3年生の女子生徒と2人でドライブし、抱きしめてキスをしているプリントシールを撮影したとして、担任だった30代男性教諭を停職3カ月の懲戒処分にした、と発表した。約6年後にシールが見つかり発覚した。

 県教委によると、男性教諭は2013年3月28日、有給休暇を取り、当時担任をしていた女子生徒と福島県に日帰りでドライブ。同県のデパートでプリント…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです