メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民や移民が教授「マクドナルドラジオ大学」が25日開講

マクドナルドラジオ大学のリハーサルでラジオを通して講義を聴く参加者=東京都港区で2019年5月20日午後8時22分、滝川大貴撮影

 ハンバーガーと一緒に講義を聴こう――。海外の難民や移民らが「教授」となり、知恵や経験を伝授する「マクドナルドラジオ大学」が東京都港区のマクドナルド六本木ヒルズ店で25、26日に行われる。演出家の高山明・東京芸大准教授(49)が企画し既にドイツで開催したが、国内の店舗では初めて。「社会の中でかき消されがちな声に耳を澄ませてもらえたら」と話す。

 高山さんは舞台の仕事でドイツ滞在中に中東やアフリカからの難民、移民と知り合った。交流を通じて低価格…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文782文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです