メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民や移民が教授「マクドナルドラジオ大学」が25日開講

マクドナルドラジオ大学のリハーサルでラジオを通して講義を聴く参加者=東京都港区で2019年5月20日午後8時22分、滝川大貴撮影

 ハンバーガーと一緒に講義を聴こう――。海外の難民や移民らが「教授」となり、知恵や経験を伝授する「マクドナルドラジオ大学」が東京都港区のマクドナルド六本木ヒルズ店で25、26日に行われる。演出家の高山明・東京芸大准教授(49)が企画し既にドイツで開催したが、国内の店舗では初めて。「社会の中でかき消されがちな声に耳を澄ませてもらえたら」と話す。

 高山さんは舞台の仕事でドイツ滞在中に中東やアフリカからの難民、移民と知り合った。交流を通じて低価格で食事を提供し暖房やインターネット環境を備えたファストフード店が「難民らのセーフティーネットになっている」と実感。人生経験や知識にも感銘を受け、本作を考案した。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです