メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小野薬品 ノーベル賞受賞の本庶氏の批判に対してゼロ回答

治療薬の特許について記者会見する本庶佑・京都大特別教授=京都市左京区で2019年4月10日午後4時57分、川平愛撮影

 小野薬品工業は22日、本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授ががん免疫治療薬「オプジーボ」の特許使用料の分配額引き上げを求めていることについて、コメントを公表し、引き上げの代わりに将来の基礎研究の促進や若手研究者の育成のために京都大への寄付を検討していると明らかにした。昨年11月に本庶氏に申し入れたという。分配額引き上げについては、「合意の下、2006年に(契約を)締結している」とし、応じない姿勢を示した。

 小野薬品工業はコメントで寄付について「株主への説明責任を果たしつつ、慎重に検討していく」とした。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです