メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島が今季初の9連勝 大瀬良が1失点完投で4勝目

 ○広島3―1中日●(22日・マツダスタジアム)

 広島が逃げ切って今季初の9連勝。二回に敵失で1点先制し、五回に会沢の2ランで加点した。先発・大瀬良は球威、制球とも抜群で、五回まで走者を許さず、1失点完投で4勝目。中日は3安打と打線が湿り、借金は今季最多の6に増えた。

捕手・会沢が4号2ランでエース援護

 奮闘を続ける先発投手に、捕手が最高のプレゼントを届けた。広島の6番・会沢が五回に貴重な追加点となる4号2ラン。無失点投球を続けていた大瀬良を助ける一打に「(大瀬良)大地が頑張っているので、いい援護点になった」と笑った。

 1点リードの五回2死一塁で右打席に入ると、初球の外角150キロを空振り。タイミングが合っていないように見えたが、続く2球目の同じコースの152キロを流し打ち。相手先発・ロメロの直球は力があるだけに、うまく捉えた打球は反発力を生んでぐんぐん伸び、右翼席最前列に飛び込んだ。会沢は本塁を踏むと、両手を静かにたたいて喜びをかみ締めた。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです