メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のこだわり

受理件数は年100万件超 誕生から70年、家裁の役割とは 最高裁家庭局長インタビュー

インタビューに応える手嶋あさみ・最高裁家庭局長=東京都千代田区で2018年12月7日午後1時38分、伊藤直孝撮影

 離婚や相続に関わる家庭内紛争(家事事件)の解決や少年事件の審理を担う家庭裁判所が誕生して今年1月で70年がたちました。家事事件の受理件数は2016年に初めて100万件を突破し、家裁の役割や存在感はますます大きくなっています。昨年9月に就任した手嶋あさみ最高裁家庭局長に家裁の役割や、直面するテーマについて詳しく尋ねました。【さいたま支局・伊藤直孝】

 ――家裁が1949年1月に誕生してから70年がたちました。

 ◆家裁は新憲法のもとで、家庭内のことを扱う戦前の家事審判所と非行のある少年の事件を扱う少年審判所とが統合され、誕生しました。昨年9月の着任後、家裁誕生の経緯を紹介した「家庭裁判所物語」(清永聡著、日本評論社)を読みました。戦後の厳しい環境の中で「家庭に光を、少年に愛を」という家裁の理念を掲げて奮闘された先輩たちの姿に感銘を受けました。家族観、価値観の多様化が進んでおり、家庭の問題を総合的・専門的…

この記事は有料記事です。

残り3929文字(全文4334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです