メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ベルギーのグリムベルゲン修道院、2020年後半にビール醸造再開へ

 ベルギー北部にあるグリムベルゲン修道院で、修道士らによるビール醸造が200年以上ぶりに復活する見通しとなった。製造開始は2020年後半の予定だ。21日撮影(2019年 ロイター/Yves Herman)

[PR]

 [グリムベルゲン(ベルギー) 21日 ロイター] - ベルギー北部にあるグリムベルゲン修道院で、修道士らによるビール醸造が200年以上ぶりに復活する見通しとなった。製造開始は2020年後半の予定だ。

 不死鳥を紋章とするこの修道院は、1795年にフランス軍による略奪行為の犠牲となり、醸造所を破壊された。だが、修道院の施設に新しい醸造所を建設する計画によって、13世紀にさかのぼるビール製造の伝統がよみがえることになる。

 ストーテマス修道士はロイターに対し「わたしたちにとって重要なのは、ビール醸造の伝統や先祖からの慣習に目を向けることだ。なぜならそれは常にここにあったからだ」と説明。「醸造と宗教生活は常に一緒だった」と述べた。

 同修道士は今年、デンマークのコペンハーゲンにあるスカンジナビア醸造学校で学び、新しい醸造所で作業をすることになる。

 プロジェクトにはカールスバーグ社が資金を提供。地元で生産された作物の利用に焦点を当てることを目的としている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです