メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

薬の副作用では?患者自ら報告 未知の症状を早期に把握

患者がウェブサイトで薬の副作用を報告するための画面

 これは薬の副作用では? そう疑われる症状を患者本人や家族が、国に直接報告する制度が3月から本格的に始まった。製薬会社や医療機関からの報告と合わせることで、知られていない副作用の傾向をより早く察知でき、安全対策の向上につながると期待される。

国がデータ化、市販薬も/飲み合わせ事例を収集/ウェブでも提出「詳しく」

 報告制度は医師が処方する医療用だけでなく、ドラッグストアなどで買える薬も対象。報告は医薬品医療機器総合機構(PMDA)のデータベースに登録され、専門家の意見を踏まえ、追加調査や薬の添付文書の改訂などの対応が取られる。

 制度の導入は欧米が先行した。PMDAによると、英国では高血圧治療薬アムロジピンをグレープフルーツジ…

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1458文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです