メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミサイル防衛の街

/上 米軍車力通信所の存在 「狙われているのか」 /秋田

航空自衛隊車力分屯基地の前で、米軍のXバンドレーダーが配備された経緯を振り返る元つがる市議の松橋勝利さん=青森県つがる市で

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の秋田市への配備計画が進んでいる。配備されれば、同市は日本の弾道ミサイル防衛網で重要な役割を担う「ミサイル防衛の街」になる。北に約140キロ離れた青森県つがる市の旧車力村地区は「弾道ミサイル防衛のさきがけ」とされる地区で、日米の弾道ミサイル防衛システムが稼働する。記者は5月中旬、同地区をたずね近隣住民や自治体関係者に施設への賛否や受入れ後の変化などをたずねた。3回に分けてリポートする。【森口沙織】

 田園地帯が広がるつがる市北部の旧車力村地区。左右に松林が広がる細い道を進むと、米軍の早期警戒レーダ…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1506文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです