メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんばっペン

あんこうとふぐ融合 /茨城

 北茨城市平潟町にある「あんこうの宿 まるみつ旅館」(武士能久社長)が、陸上養殖に成功したとらふぐと、地元の平潟港で水揚げされたあんこうを食べ比べできる宿泊プランの提供を始めた。旅館で先日あった試食会に足を運んでみた。

 あんこうは茨城の冬の味覚の代表。身が引き締まる12~2月が旬といわれる。同港周辺の旅館や民宿は冬場、あんこうを目当てにした宿泊客らでにぎわうが、例年4月以降は客足が鈍る…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです