メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ協定書

市原高校と市が締結 地域活性化目指す /千葉

県立市原高ゴルフ部員と協定書を手にする小出市長(後列左から2人目)と林校長(同3人目)ら=千葉県市原市役所で

 ゴルフ場の数、日本一の市原市と県立市原高校は22日、ゴルフを通して地域の活性化を目指す協定書を交わした。同市によると、自治体と県立高校間の協定書の締結は県内初の試み。今後、同校の授業に市職員を講師として派遣するなどして相互交流を図る。

 調印式には、小出譲治市長と同校の小林一雄校長、同校ゴルフ部員らが出席した。同校は今年4月、県立鶴舞桜が丘高と統合し、県内の公立高4番目のゴルフ部が誕生した…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです