メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

静岡市葵区 静岡ワサビ 世界に伝統と味伝えたい 畳石式栽培で手間かけ /東京

ワサビ田でワサビを収穫する白鳥義彦さん=静岡市葵区有東木で

 静岡市葵区有東木(うとうぎ)は約400年前からワサビ栽培が続く国内有数の産地だ。伝統的な栽培方法で作られ、辛みと風味が強いのが特徴である「静岡ワサビ」の魅力を探った。【大谷和佳子】

 有東木地区は市中心部から北に約30キロ離れた標高約600メートルの山間部にある。生産者は約40軒で茶などと並行してワサビを栽培する。1600年ごろ、自生するワサビをわき水の近くに植えて栽培が始まったとされる。同じ頃、江戸城から駿府城(静岡市)に隠居した徳川家康に献上されたと伝えられている。

 ワサビ田は棚田状に広がり、あちこちで石畳を流れる水の音が心地よく響く。底部に大きな石を並べ、その上に小さな石を積んで石の層を作り、表面を砂利で覆ってワサビを植える。栽培に使われる水は下の層に染み込んでろ過され、下の棚田に安定した酸素や養分が供給される。

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文1067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです