メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

静岡市葵区 静岡ワサビ 世界に伝統と味伝えたい 畳石式栽培で手間かけ /東京

ワサビ田でワサビを収穫する白鳥義彦さん=静岡市葵区有東木で

 静岡市葵区有東木(うとうぎ)は約400年前からワサビ栽培が続く国内有数の産地だ。伝統的な栽培方法で作られ、辛みと風味が強いのが特徴である「静岡ワサビ」の魅力を探った。【大谷和佳子】

 有東木地区は市中心部から北に約30キロ離れた標高約600メートルの山間部にある。生産者は約40軒で茶などと並行してワサビを栽培する。1600年ごろ、自生するワサビをわき水の近くに植えて栽培が始まったとされる。同じ頃、江戸城から駿府城(静岡市)に隠居した徳川家康に献上されたと伝えられている。

 ワサビ田は棚田状に広がり、あちこちで石畳を流れる水の音が心地よく響く。底部に大きな石を並べ、その上…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1067文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです