チョコレート

価格抑え生産者に配慮 ガトーショコラ専門店、金沢にオープン 農家と直接契約 廃棄、最小限に /石川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
(左から)パティシエの神佐悠子さん、若田順也さん、開店を主導した和田知晃さん=金沢市鞍月3のKuroneco Jackで、日向梓撮影
(左から)パティシエの神佐悠子さん、若田順也さん、開店を主導した和田知晃さん=金沢市鞍月3のKuroneco Jackで、日向梓撮影

 食品の廃棄量を減らすとともに、途上国の農家への利益還元を目指すパティシエら3人が22日、金沢市でガトーショコラ専門店を開店した。生産工程を一元管理することで、過大なマージンを減らし価格を抑えたチョコレートを全商品に使用。「客、生産者、働く人の3者を大切にするビジネスにしたい」と話している。

 金沢市鞍月3の「Kuroneco Jack(クロネコ ジャック)」には抹茶味やレモン味など全12種のほか季節限定のガトーショコラが並ぶ。同店で使うのは、パンやチョコの原材料メーカー「ピュラトス」(本社・ベルギー)が開発した「カカオ・トレース」と呼ばれる方法で作られたチョコ。一般のチョコでは仲介、加工段階でマージンが引かれ、農家の利益は限られる。カカオ・トレースは、原材料のカカオ豆を生産するベトナムやアフリカ・コート…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文892文字)

あわせて読みたい

注目の特集