メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音と生きてきた

/4 こだわりの店頭販売 「一枚の作品」の魅力伝える CD店経営 鬼頭黎樹さん(49) /岐阜

鬼頭黎樹さん=岐阜市常盤町の「cd shop songs」で、横田伸治撮影

 岐阜市中心部からほど近い、閑静な通りにあるCD店「cd shop songs」(同市常盤町)。シンプルな店構えは一見、CD店とは気づきにくい。オーナーのこだわりは、昨今主流のインターネット上での取引はせず、店頭販売に徹すること。「お金のためじゃない。音楽が大好きだから、その魅力をちゃんと伝えるために店を続ける」と思いを明かす。【横田伸治】

 店内を見渡すと、まるで画廊のように、すべての商品のジャケットを見せる「面出し」でCDが壁に並ぶ。季節の花と共に飾られる一部のレイアウトには驚かされる。

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  2. 神奈川・逗子斜面崩落 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです