メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南部エリア学校給食センター

建設用地に高濃度鉛 稼働遅れか、汚染対策実施へ 姫路 /兵庫

 姫路市南部の12の市立中学に給食を提供する「南部エリア学校給食センター」(仮称)の稼働が、当初予定の2021年1月から少なくとも数カ月遅れる見込みとなった。22日に発表した市教委によると、建設用地から、土壌汚染対策法の基準値を上回る濃度の鉛が検出されたため、7月まで詳しく調査をし、汚染対策を実施する。

 センターは、同市大津区勘兵衛町2の用地(7683平方メートル)で建設が計画されている。用地には10…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文510文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです