メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待機児童

神戸市、4年ぶり減 来春に向け対策 公園活用し施設整備へ /兵庫

神戸市が待機児童対策のため、施設整備を検討している生田川公園=同市提供

 神戸市は、今年4月1日時点で市内の保育施設への待機児童数が前年比115人減の217人だったと発表した。昨年度は小規模保育所の開設などで定員を493人分増やしており、4年ぶりの減少となった。今秋に実施予定の幼児教育・保育無償化でさらに保育ニーズは拡大するとみられるが、市は来春の待機児童解消を目指し、公園を活用して施設を整備するなど対策を急ぐ。【反橋希美】

 市によると、4月1日時点の待機児童数は各区別では、中央42人▽灘41人▽東灘30人▽西24人▽垂水…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文653文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  3. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです