メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自費出版

「武士の鑑」岸静江描く 益田の建築士・伊藤義照さん「石州口の戦い」 地元から見る歴史の転換点 /島根

自費出版した「石州口の戦い」を紹介する伊藤義照さん=島根県益田市あけぼの本町で、竹内之浩撮影

 幕末の第2次長州征伐(四境戦争)石州口の戦いと壮絶な死を遂げた浜田藩士・岸静江を題材にした「石州口の戦い」(A5判、232ページ)を、益田市あけぼの本町の1級建築士、伊藤義照さん(88)が自費出版した。伊藤さんは「日本の夜明けと言える、歴史の転換点となった出来事が地元であったことを多くの人に知ってほしい」と話している。【竹内之浩】

 石州口の戦いは1866年に中国・九州各地で起こった第2次長州征伐の一つで、6~7月に大村益次郎率い…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文660文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです