メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウミガメ

産卵もうすぐ 県内30カ所、海岸保全や情報交換会も 保護へ住民や学生ら協力 /高知

甲羅に発信機を取り付けたアカウミガメ。データを収集し、保護活動などに役立てる=高知市の仁淀川河口付近で2018年6月、郡悠介撮影

 日ごとに暖かくなり、今年もウミガメの産卵時期が迫っている。県内では多くの地域住民が保護活動に協力しており、海岸をパトロール。産卵跡の確認・報告に取り組んでいる。15日には、いの町の県伊野合同庁舎で情報交換会があり、県職員や住民、大学関係者らが参加した。保護活動に携わる住民は「ウミガメの産卵跡を多く発見したい。きれいな海岸を守りたい」と意気込む。【郡悠介】

 県環境共生課などによると、県内の海岸に産卵にやってくるのは主にアカウミガメ。ここ数年は年50~10…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文947文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです