メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀玄海漁協

旬の鮮魚を常温パック アジ塩焼きなど4種 唐津で新商品発売 /佐賀

佐賀玄海漁協が販売を始めた「海鮮季幸」の箱詰めと「鯛めしの素」

 玄界灘で取れた新鮮な魚を調理し、常温パックした新しい商品が、唐津市呼子町の直売所「呼子台場 大漁鮮華」で販売開始され、訪れた観光客らがお土産にと買い求めている。今後は贈答用として、インターネットやデパートなどにも販路を広げたいとしている。

 商品名は「海鮮季幸(きこう)」。同市の佐賀玄海漁協(川崎和正組合長)が消費者の魚離れ対策として、年間を通じて旬の魚を食べてもらおうと、非常食製造の実績がある茨城県の水産加工会社「幸陽」と共同で開発した。

 「アジの塩焼き」「トビウオの水煮」「カンパチのオイル煮」「鯛(たい)めしの素」の4種類を箱詰めし、…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文560文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走
  2. 東京・赤坂の飲食店員暴行「半グレ」上役か 容疑の男を逮捕
  3. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  4. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル
  5. 日本はデフレ 消費増税凍結しなければ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです