国内携帯3社

auとソフトバンク、ファーウェイ製を発売延期 ドコモは予約停止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2018年度のスマートフォン国内出荷台数シェア
2018年度のスマートフォン国内出荷台数シェア

 携帯電話の国内大手3社は22日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が製造したスマートフォンの新商品について、発売延期や予約停止にすると発表した。トランプ米政権によるファーウェイ排除措置を受け、米グーグルが提供するスマホ向けサービスの一部に制限がかかると懸念されていた。大手3社が発売を中止する可能性もあり、トランプ政権の判断が日本の携帯電話市場にも飛び火した。

 対象となる新商品は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手3社が今夏、それぞれ1機種取り扱う予定だった「Pシリーズ」。ソフトバンクは、格安ブランドのワイモバイルが14日に予約の受け付けを始めて24日に発売する予定だったが、発売延期を決定。予約した顧客にはキャンセルすると伝えた。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文816文字)

あわせて読みたい

注目の特集