メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

空自F35A墜落 機密の塊、原因究明に影

空自が次期主力戦闘機と位置づけるF35の概要

 航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖で墜落した事故は、行方不明の操縦士や機体の大部分の捜索が続くが、事故原因はいまだ判然としていない。3種類あるF35のうち、A型の墜落事故は世界初。空自は次期主力戦闘機として今後買い増す予定で、F35は米英豪など10カ国以上も調達を進めていただけに、原因究明の行方に世界が注目している。【町田徳丈】

この記事は有料記事です。

残り2985文字(全文3173文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館
  2. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず
  3. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  4. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  5. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです