メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

コンビニの24時間営業問題 時短か否か、加盟店の選択に=藤渕志保(東京経済部)

深夜の営業を取りやめたセブン-イレブン東大阪南上小阪店=東大阪市で2月21日、釣田祐喜撮影

 コンビニエンスストアの代名詞ともいえる24時間営業を巡り、議論が活発化している。少子高齢化に伴う人手不足で人件費が高騰。「店員を確保できない」などと、フランチャイズチェーン加盟店から悲鳴が上がっているためだ。大手コンビニは例外的に時短営業を認める姿勢を示しているが、24時間営業の表看板を下ろす気配は乏しい。私は営業時間を店主の選択制にするなど店舗運営を抜本的に見直す時期に来ていると考える。

 議論が活発化したのは今年2月、東大阪市のセブン-イレブン・ジャパンの加盟店が19時間営業を始めたこ…

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文2042文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです