メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

コンビニの24時間営業問題 時短か否か、加盟店の選択に=藤渕志保(東京経済部)

深夜の営業を取りやめたセブン-イレブン東大阪南上小阪店=東大阪市で2月21日、釣田祐喜撮影

 コンビニエンスストアの代名詞ともいえる24時間営業を巡り、議論が活発化している。少子高齢化に伴う人手不足で人件費が高騰。「店員を確保できない」などと、フランチャイズチェーン加盟店から悲鳴が上がっているためだ。大手コンビニは例外的に時短営業を認める姿勢を示しているが、24時間営業の表看板を下ろす気配は乏しい。私は営業時間を店主の選択制にするなど店舗運営を抜本的に見直す時期に来ていると考える。

 議論が活発化したのは今年2月、東大阪市のセブン-イレブン・ジャパンの加盟店が19時間営業を始めたこ…

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文2042文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです