メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

採用活動にAI定着化=パロアルトインサイトCEO・石角友愛

石角友愛 パロアルトインサイトCEO

 企業の採用活動にAI(人工知能)導入が積極的に行われつつあるのは日本も米国も同じだ。米国では採用担当者の補佐的ツールとして使われることが多い。

 例えば、ユニリーバ社も採用面接で導入しているHireVue(ハイアービュー)という会社の商品では、応募者はスマホでビデオ面接を受ける。相手はAIだ。応募者の顔の表情や返答をAIが判断すると同時に認知力、社会力、感情力を測る10問ほどのクイズを実施。その結果から、次の採用ステージに進むかどうかを判断する。履歴書を送付しビデオ面接を受けるという工程がAIで行われることで、採用までの工数が90%も軽減したという。

 私がそれよりも注目しているAI導入の効果は、多様性の向上である。人間には自分が見たいものだけを見る…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文722文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです