メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国有林法改正案

資源枯渇、憂える声 大規模伐採の候補地・宮崎 「生産性高まる」大手歓迎/再造林3割地域も

スギ伐採に向けた現地説明会で、入札予定の国有林を調べる伐採業者と森林管理署職員=宮崎県日南市で5月21日、寺田剛撮影

 全国の国有林で最長50年間、1カ所当たり数百ヘクタールの伐採・販売権を民間業者に与える国有林野管理経営法改正案の審議が22日、参院で始まった。人工林でのスギの丸太生産量が28年連続日本一の宮崎県は、改正法が施行されれば大規模伐採の候補地の一つになるとみられている。現場を歩くと、法改正への期待感と森林資源の枯渇を憂える声が交錯していた。【寺田剛】

 「これから5件の入札をします」。21日午前、宮崎市の林野庁宮崎森林管理署会議室に県内外の10社が集…

この記事は有料記事です。

残り1620文字(全文1844文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです