メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019春/3 91歳、いま語り出す 木村敬子さん

被爆当日の広島の様子を語る木村敬子さん=福岡市早良区で2019年4月3日、野田武撮影

 <時代が変わっても documentary report 248>

 「たった1発で大勢の人が亡くなる。それがどれだけ怖いか」。4月3日。広島市で被爆した福岡市早良区の木村敬子さん(91)は、原爆投下から70年以上が経過しても核兵器廃絶が進まない世界の現状を憂えた。この日、「エフコープ生協」(福岡県篠栗町)が年1回発行する被爆体験証言集の製作に協力し、主婦や大学生の4人を前に、卒寿を過ぎて初めて、証言に臨んだ。

 17歳だった。1945年8月6日の朝、広島女学院の講堂で朝の礼拝を終えた後、「窓ガラスからバーッと…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 南海トラフ地震津波確率 和歌山、高知など5メートル以上「非常に高い」 初の推計発表

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです