メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019春/3 91歳、いま語り出す 木村敬子さん

被爆当日の広島の様子を語る木村敬子さん=福岡市早良区で2019年4月3日、野田武撮影

 <時代が変わっても documentary report 248>

 「たった1発で大勢の人が亡くなる。それがどれだけ怖いか」。4月3日。広島市で被爆した福岡市早良区の木村敬子さん(91)は、原爆投下から70年以上が経過しても核兵器廃絶が進まない世界の現状を憂えた。この日、「エフコープ生協」(福岡県篠栗町)が年1回発行する被爆体験証言集の製作に協力し、主婦や大学生の4人を前に、卒寿を過ぎて初めて、証言に臨んだ。

 17歳だった。1945年8月6日の朝、広島女学院の講堂で朝の礼拝を終えた後、「窓ガラスからバーッと…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1169文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に
  5. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです