メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

核燃料「詰め直し(リラッキング)」保管 玄海原発「乾式」と併用、規制委容認 福島事故後、初計画

検討される使用済み核燃料の新たな保管方法

 九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の使用済み核燃料について、原子力規制委員会は22日、貯蔵用の核燃料プールにある燃料の間隔を詰めて保管量を増やす方法「リラッキング」と、空気で冷やす「乾式貯蔵」を併用する九電の方針を認めた。規制委は2011年の東京電力福島第1原発事故の教訓から、使用済み核燃料の保管では安全性が高いとされる乾式貯蔵を求めていたが、事故後初めて両方式の併用を容認する形となった。

 プール内の核燃料は、燃料同士に隙間(すきま)があるラック(棚)に置かれる。リラッキングは隙間の狭い…

この記事は有料記事です。

残り1869文字(全文2118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです