メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

マンモス復活に挑む クローンやゲノム編集技術で

 大昔に絶滅したマンモスの復活計画が国内外で進んでいる。近畿大は今年3月、2万8000年前のマンモスの化石から取り出した細胞核で、細胞分裂の前兆が観察できたと発表した。復活に向けた重要な一歩だが、実現には大きな課題があることも見えてきた。【松本光樹】

 ●細胞分裂ならず

 「生命現象が見られたことは有意義な一歩だ」。近大などの研究チームは今年3月、大阪市内で記者会見を開き、成果を強調した。シベリアの永久凍土から2010年に発掘されたマンモス「YUKA(ユカ)」の筋肉組織から細胞核を取り出し、マウスの卵子の核と入れ替えたところ、実験した24個中5個が細胞分裂の始まる直前の状態になった。

 研究はクローン技術の応用だ。マンモスの細胞核のDNAは厳しい寒さや宇宙線などに長期間さらされ損傷し…

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1712文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです