メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

朝乃山、単独首位

朝乃山(左)が寄り切りで佐田の海を降す=玉城達郎撮影

11日目(22日・両国国技館)

 佐田の海を一気の寄りで降した平幕・朝乃山が1敗を守って、単独トップに立った。横綱・大関陣は総崩れ。横綱・鶴竜は引きに乗じた妙義龍に押し出され2敗に後退し、豪栄道、高安の両大関はともに敗れて4敗目を喫した。関脇・栃ノ心も阿炎のはたきに屈して2敗となり、2桁勝利による大関復帰決定は12日目以降に持ち越された。

この記事は有料記事です。

残り1535文字(全文1704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです