メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

25~28日来日 警護大作戦 大相撲、座布団から守れ/ドローン飛行、妨害せよ/テロ対策初動部隊配備

トランプ米大統領の来日に備えて東京メトロ大手町駅を巡回し、ゴミ箱の中身を確認する駅員=東京都千代田区で2019年5月22日、宮間俊樹撮影

 25~28日のトランプ米大統領来日に伴い、警視庁が東京都内の警戒を強化している。令和初の国賓でもあり、警備態勢は1年半前の前回来日時と同様、最大規模になる見通し。大相撲観戦での警備など難しい対応も求められているが、警視庁は万全の態勢でのぞむ。交通規制など市民生活にも影響が出そうだ。【金森崇之、高島博之、宮本翔平】

 警視庁が最も頭を悩ませるのは、26日の大相撲観戦の警護だ。両国国技館は2階に貴賓席があるが、トランプ氏が優勝力士を表彰することもあり、土俵近くの升席での観戦が予定されている。国技館はすり鉢状のため、底辺部に位置する升席の場合、前後左右だけでなく上方への警戒も必要となり警備上のリスクが増す。

この記事は有料記事です。

残り1308文字(全文1612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです