メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運転免許

広がる高齢者の自主返納 「加害者にならぬ」安心

運転免許の取り消し通知書を手に笑顔を見せる福田法子さん=長崎県大村市の自宅で2019年5月15日、杣谷健太撮影

 東京・池袋で高齢ドライバーの車が母子2人をはね死亡させた事故の後、運転免許を自主返納する高齢者が増えている。長崎県大村市の福田法子(のりこ)さん(86)もその一人だ。「被害者がいない社会になってほしい」。事故後にそう訴えた遺族の記者会見を見て、免許と車を手放す決心をした。日常生活は不便になったが「加害者になる心配はなくなった」と気持ちは晴れ晴れしている。【杣谷健太】

 「あと2年は乗るつもりでした」。福田さんは、今年3月に新しい中古車に買い替えたばかりだった。長男(…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1636文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです