メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi AV

みんなでスポーツ観戦するならコレ! スポーツ向け4KプロジェクターBenQ「TK800M」(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ベンキュージャパンは、スポーツモードを搭載した家庭用4K/HDR対応プロジェクター「TK800M」を5月30日に発売します。実売予想価格は14万円前後。

↑ベンキュー「TK800M」

 

「TK800M」は、スポーツ映像視聴に最適な2つの映像モードを搭載した4Kプロジェクター。 0.47インチシングルDMDパネルのDLP方式により、1フレームあたり830万画素の4K UHD(3840 x 2160ドット)の高精細な映像を投写します。また、HDR10とHLGをサポートする「HDR-PRO」テクノロジーが、さまざまなHDR映像を高コントラストに再現。輝度は3000ルーメン、コントラスト比は10000:1。

 

映像メニューの「フットボールモード」では、スピード感のある動きや選手のプレイ映像、青緑色の芝生の色などをリアルに再現。さらに、「フットボールサウンドモード」では、野外スタジアムで応援している観衆の音と同時に、アナウンサーの解説も明確に聴こえるように再生します。もう一方の「スポーツモード」は、木目の色調や鮮やかなカラーを忠実に再現しつつ、屋内スポーツの床に擦れるスニーカーの音やレフリーホイッスル、スケート下の氷削りなどの迫力の音を臨場感たっぷりに再生します。

 

本体には出力5Wのスピーカーを内蔵。独自の「CinemaMaster Audio+2技術」により、迫力ある高品質なサウンドを再生します。

↑背面にHDMI端子を備えGoogleのChromecastなどのマルチメディア端末を接続可能

 

サッカーやアイススケートなどのスポーツを大画面で楽しむなら、スポーツ専用モードを備えた「TK800M」をぜひチェックしてみてください。

 

【関連記事】
この発想はなかった! スマホに挿してペアリング&充電ができるワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeLace」
最新チップで接続性・バッテリー持ちが向上! 進化した完全ワイヤレスイヤホン「FUNOHM F2」

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  4. スピードスケートW杯第4戦 女子団体追い抜き、高木美・高木菜・佐藤が今季初勝利

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです