メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小池都知事「ゼロ公約」に批判も 実現の見込み低く「ゼロゼロ詐欺」「説得力なさすぎ」など

2016年7月の東京都知事選選挙公報。小池百合子都知事は「ゼロ」を目指すと強調した=2019年5月22日午後8時29分、浅野翔太郎撮影

 小池百合子・東京都知事が「2050年までに都内の二酸化炭素(CO2)の排出量ゼロ」を目指す、と表明したことが波紋を広げている。小池氏は16年の都知事選で「七つのゼロを目指します」を掲げ、残業や満員電車、介護離職などの「ゼロ」を選挙公約として掲げたが、達成したのは「ペット殺処分ゼロ」のみ。目指すという意味では公約破りの心配はないが、実現する見込みが低い「ゼロのオンパレード」には「公約の意味がない」などの批判も出ている。【大場伸也/統合デジタル取材センター】

 小池知事は21日、世界の主要都市の首長らが集う「U20東京メイヤーズ・サミット」で「CO2ゼロ」を…

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1128文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです