小沢氏、国民民主「相談役」に 処遇ようやく決着 選挙戦略担当

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小沢一郎氏=東京都千代田区の衆院第1議員会館で、山下浩一撮影
小沢一郎氏=東京都千代田区の衆院第1議員会館で、山下浩一撮影

 国民民主党の小沢一郎衆院議員は23日、党本部で玉木雄一郎代表と会い、玉木氏が務める党の総合選対本部長の「相談役」の就任を要請され受諾した。小沢氏のための新設ポストで、玉木氏に夏の参院選などに関する助言を行う。先月26日に小沢氏率いる旧自由党が国民と合併して以降、「懸案」だった小沢氏の処遇問題は約1カ月で決着した。

 小沢氏は会談後、記者団に「本部長個人の相談役ということでなら『分かりました』と言ってきた」と説明。「選挙は基本的に幹事長が采配を振るのが本来の姿だ」と強調し、仕事の内容については「代表の御意のままに」と語った。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文446文字)

あわせて読みたい