メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河野外相「事の重大性理解してない」韓国外相に異例の抗議

パリで会談する河野太郎外相(左端)と韓国の康京和外相(右端)=2019年5月23日(代表撮影)

 フランス訪問中の河野太郎外相は23日午後(日本時間23日夜)、韓国の康京和(カンギョンファ)外相とパリで会談した。韓国最高裁が日本企業に元徴用工への賠償を命じた判決を巡り河野氏は、日韓請求権協定(1965年)に基づいて、日本政府が今月20日に韓国に要請した「仲裁委員会」の設置に応じるよう求めた。韓国外務省によると、康氏は会談で「日本側としても被害者の苦痛と傷を癒やすために共に努力する必要がある」と述べた。日本側に賠償への協力を求める姿勢を示した形で、溝は埋まっていない。

 約1時間20分の会談の冒頭で河野氏は、韓国外務省報道官の「日本企業が判決を履行するのに何の問題もな…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文941文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟・上越市でも山田太郎氏の票少なく 選管「開票は適正」
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  5. 吉本興業東京本部に爆破予告 社長会見前に110番

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです