メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想で維新と公明が最終調整 25日の合意へ向け

大阪都構想を巡って協議を進める大阪維新の会の松井一郎代表(右奥から3人目)と、公明党大阪府本部の佐藤茂樹代表(左奥から3人目)ら=大阪市北区で2019年5月23日午後6時4分、山崎一輝撮影

 大阪維新の会と公明党大阪府本部は23日、大阪市を廃止し、特別区に再編する「大阪都構想」への協力を巡って、大阪市内のホテルで統一地方選後2度目の会談に臨み、25日の合意に向けた最終調整を進めた。公明は特別区移行後も市民サービスが向上するよう要望を伝え、維新は前向きに応じる姿勢を示したという。両党は同日に再度協議し、記者会見で合意内容を説明する。

 会談は非公開で約1時間行われ、維新代表の松井一郎大阪市長や吉村洋文大阪府知事、公明府本部代表の佐藤…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文626文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 京アニ火災 「聲の形」「氷菓」岐阜県内の聖地でも悲しみ広がる
  5. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです