長崎県、石木ダム用地明け渡し命じる 地権者「住民を置き去り」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
石木ダムの建設予定地
石木ダムの建設予定地

 長崎県と佐世保市が同県川棚町に建設を計画している石木ダムについて、県収用委員会が予定地内の約12万平方メートルを明け渡すよう計画に反対する地権者に命じる裁決を出したことが関係者への取材で判明した。

 裁決は21日付。今回の裁決で、ダム事業に必要な全ての土地を県が強制的に収用することが可能となり、地権者らが反発を強めている。

 予定地を巡っては約5500平方メートルが2015年8月までに県に収用され、県は13世帯約60人が暮らす住宅などがあるダム本体用地など残り約12万平方メートルについても収用の裁決を申請していた。明け渡し期限後も住民が立ち退かない場合、行政代執行が可能になる。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文459文字)

あわせて読みたい

ニュース特集