メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州議会選の投票始まる 「親EU」過半数割れの公算大きく

仏ストラスブールの欧州議会=AP

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の欧州議会選挙(定数751)は23日、オランダと英国の2カ国で投票が始まった。26日までに全28加盟国で投票が行われる。EUに懐疑的な勢力が各地で支持を伸ばしており、議会の安定を支えてきた親EUの中道系2大会派が初めて過半数を割り込む公算が大きくなっている。

 欧州議会選は域内約4億2600万人の有権者が、EUの針路に直接民意を示す5年に1度の機会だ。国別に行われるため、政権与党への批判票が反EU勢力に流れやすい傾向がある。市民の関心低下が課題で、投票率は漸減傾向が続き、前回は…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです